レゴブロック プレイモービルが安い価格比較

レゴブロックは一年間におよそ200億個、一時間にするとおよそ230万個のペースで生産されている。
レゴの正式名称はLEGO

トイザらス限定 レゴ デュプロ なかよしどうぶつバス プレイマット付き

トイザらス限定 レゴ デュプロ

なかよしどうぶつバス プレイマット付き



icon
icon

お子様が大好きな動物が、楽しいバスの入れ物に入っていてお片づけにも便利なデュプロブロックセットです。プレイマットは、表面が組み立てたものを配置できるデュプロの世界観をアピールしたデザイン、裏面が「ひらがな」や「英語」を学ぶ事ができる教育的要素を盛り込んだデザインです。

はじめてのブロック遊びはデュプロ!1才半から5才まで楽しく長く遊んでいただけます。デュプロブロックは1才半からのお子様に最適なレゴブロック入門編ともいえるシリーズです。ブロック遊びで指先を刺激することは、脳の発達にとても重要なことです。ブロックを積み上げることによって、理論性を身につけたり、ゴッコ遊びを通じて社会性を育んでいきます。また、デュプロブロックの色は赤青黄緑が中心に使われています。生後間もない赤ちゃんは、主に色味を持った、これらの有彩色を中心に認識するといわれています。 デュプロブロックとレゴブロックは、基本ブロック同士であれば組み合わせることが可能ですので、大きくなってからも一緒に遊べます。

乳児の小さな手でも組み合わせたり、はずしたりするのに適している、大きな“デュプロ”ブロックと、動物や人形がセットになった商品です。“デュプロ”ブロックは縦・横・高さがレゴ基本ブロックの2倍の大きさで、乳児が口に入れても飲み込む心配がなく、安全に遊べるブロックです。また、デュプロブロックはレゴブロックとも組み合いますので、お子様が大きくなってからも無駄になりません。お誕生日のプレゼントにも最適の商品です。

トイザらス限定 レゴ デュプロ なかよしどうぶつバス プレイマット付き
icon




LEGO&PLAYMOBIL 簡単豆知識



レゴ (LEGO)
レゴ (LEGO) は、デンマークの玩具会社、若しくはプラスチック製の組み立てブロックの玩具(商標の項で示すが会社側はこの呼称を良しとしない)。1934年に「よく遊べ」を意味するデンマーク語 "leg godt" から社名を LEGO とした。最初は木製玩具を作っていたが、1949年からプラスチック製玩具を作り始めた。
レゴとプレイモービルの違い
レゴはデンマークで生まれ、プレイモービルはドイツで生まれました。
またレゴはブロックを重点に置いているのに対して、プレイモービルは人に置いています。
発売されているアイテムも、レゴに比べるとプレイモービルの方がレスキューや、シティライフ、農園、と比較的現代に重点置いたものが多く発売されています。
レゴの歴史
現在のレゴ社の製品は、洗練されたシステムを持つプラスチック製の上質な組み立てブロックだが、創業当時は家具店であった。レゴ社の歴史は、デンマークのビルンに Ole Kirk Christiansen が作った木工所から慎ましやかに始まる。創造的な家族経営のこの会社は、後に世界中で人気の玩具会社へと成長する。
現在のレゴ
プラスチックのブロックが作り出されてから数千ものセット商品が販売されて来た。その題材対象は多岐に亘り、宇宙、ロボット、海賊、中世の城、恐竜、街、郊外、祝日、西部開拓時代、北極調査隊、船艇、レーシングカー、鉄道、スター・ウォーズ、ハリー・ポッター等様々である。

他にもモーター、歯車、ライト、音が出る装置、カメラ等の部品があり、他のレゴ部品と一緒に使う事が出来る。前述のようにMINDSTORMSではブロックでさえも、パソコンでプログラミングを行えば、非常に複雑な動作をさせる事が出来る様になった。
レゴの類似品
レゴの特許が切れた1988年以来、 Tyco 、メガブロック、 COKO 等多くの会社がレゴブロックに似た結合ブロックを販売している。これら他社製品の多くは、レゴブロックと互換性があり、レゴセットより安い。本物のレゴ製品と混同する可能性がある為、レゴ社の悩みの種となっている。
レゴブロックとプレイモービル格安・激安通販
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。