レゴブロック プレイモービルが安い価格比較

レゴブロックは一年間におよそ200億個、一時間にするとおよそ230万個のペースで生産されている。
レゴの正式名称はLEGO

レゴ LEGO 3804 マインドストーム 基本セット 2.0

レゴ LEGO 3804 マインドストーム 基本セット 2.0

レゴ マインドストーム 基本セット 2.0 3804

ロボットの頭脳となるRCXブロックに目や触覚となるライトセンサーやタッチセンサーを組み込み、脚となる車輪やギアを取り付けてモデルを組立てたら、次はパソコンでプログラムを考え、思い通りに動かしてみよう。※USB搭載のパソコンが必要です。


購入者のレビュー

教育的玩具として世界的に有名なレゴの全く新しい製品で、コンピュータを使って自動制御できるロボットをつくろうというもの。マサチューセッツ工科大学で発案された企画で、レゴブロックを使って自由にロボットを組み立て、非常にカンタンな制御プログラムをPCから書き込んで実際に動かしてみることができます。現在、発売当初の熱狂的な反響はおさまりましたが、それでも熱心なユーザが様々な作品を考案し続けています。アイデアさえあれば、実に多様な自動制御機械を組み立てることが可能です。小中学生ぐらいの子供ばかりでなく、高校生以上の教育にも使えるのではないかと思います。


レゴ マインドストーム 基本セット 2.0 3804




LEGO&PLAYMOBIL 簡単豆知識



レゴ (LEGO)
レゴ (LEGO) は、デンマークの玩具会社、若しくはプラスチック製の組み立てブロックの玩具(商標の項で示すが会社側はこの呼称を良しとしない)。1934年に「よく遊べ」を意味するデンマーク語 "leg godt" から社名を LEGO とした。最初は木製玩具を作っていたが、1949年からプラスチック製玩具を作り始めた。
レゴとプレイモービルの違い
レゴはデンマークで生まれ、プレイモービルはドイツで生まれました。
またレゴはブロックを重点に置いているのに対して、プレイモービルは人に置いています。
発売されているアイテムも、レゴに比べるとプレイモービルの方がレスキューや、シティライフ、農園、と比較的現代に重点置いたものが多く発売されています。
レゴの歴史
現在のレゴ社の製品は、洗練されたシステムを持つプラスチック製の上質な組み立てブロックだが、創業当時は家具店であった。レゴ社の歴史は、デンマークのビルンに Ole Kirk Christiansen が作った木工所から慎ましやかに始まる。創造的な家族経営のこの会社は、後に世界中で人気の玩具会社へと成長する。
現在のレゴ
プラスチックのブロックが作り出されてから数千ものセット商品が販売されて来た。その題材対象は多岐に亘り、宇宙、ロボット、海賊、中世の城、恐竜、街、郊外、祝日、西部開拓時代、北極調査隊、船艇、レーシングカー、鉄道、スター・ウォーズ、ハリー・ポッター等様々である。

他にもモーター、歯車、ライト、音が出る装置、カメラ等の部品があり、他のレゴ部品と一緒に使う事が出来る。前述のようにMINDSTORMSではブロックでさえも、パソコンでプログラミングを行えば、非常に複雑な動作をさせる事が出来る様になった。
レゴの類似品
レゴの特許が切れた1988年以来、 Tyco 、メガブロック、 COKO 等多くの会社がレゴブロックに似た結合ブロックを販売している。これら他社製品の多くは、レゴブロックと互換性があり、レゴセットより安い。本物のレゴ製品と混同する可能性がある為、レゴ社の悩みの種となっている。
レゴブロックとプレイモービル格安・激安通販
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。